menu

陰部のかゆみ Archives | 新宿駅前クリニックなどの性病科の口コミ広場

HOME » 陰部のかゆみ

陰部のかゆみ

陰部のかゆみで受診:すぐに薬の効果があった

ぷれもりさん 男性 50代

最初は亀頭の根っこの部分が赤くなり、痒みが出てきて市販の塗り薬を使っていました。
しばらくの間はそこまでひどい状況になっていませんでしたが、収まったと思ったらぶり返す、が繰り返され次第に痒みがひどくなっていきました。

場所がデリケートな部分なので極力病院には行きたくないという思いはありましたが、事前にインターネットで調べ亀頭包皮炎という症状に行きつきました。
この症状は病院へ行かないと治らないだろうなと思ったのと、あまりの痒さと次第にあかぎれと腫れも出てきたので病院を受診しました。

当初の予想通り亀頭包皮炎という診断を受けました。診察は触診のみで細かな検査はされませんでした。
真菌性の亀頭包皮炎なのか、細菌性の亀頭包皮炎なのかその場での判断は下されませんでしたので、とりあえず細菌性に効果があるリンデロン軟膏を処方してもらいました。

これも事前にネットで情報を収集していたので、どういう処置がされるのかもわかっていたので不安はありませんでした。
洗いすぎは良くないという点と、リンデロンを塗るときは薄く塗って、少しだけ使うようにと言われました。

その日に塗布したら痒みが消失したので、もっと早く診察を受けておけばよかったなと思いました。
ただ、場所が場所なだけに皮膚科にいけばいいのか、泌尿器科にいけばいいのか迷いました。

こんどるさん 男性 20代
最初は包皮あたりに軽い痛みとかゆさだったが、数日経つと症状が悪化してきてさらに見た目でも腫れているように見えました。

ただ、病院に行くのは恥ずかしさもありあまり乗り気になれなかったので、電話でカウンセリングのようなことができる病院を探して症状を話すと、性病の可能性もあるしさらに酷くなると治療にも時間がかかるかもしれないし実際に診察しないとはっきりとしたことは分からないと言われ、我慢もできなくなっていたこともあり診察を受ける決意をしました。

男性スタッフしかいませんでしたし、そういう病院だということで気持ちを落ち着かせ、最初にアンケート形式で症状や期間などを書き込み診てもらいました。
はっきりとした病名はなかったのですが、雑菌の影響で炎症が酷くなっておりこのままだと痛みも日に日に強くなると言われました。

軽く消毒のような感じで脱脂綿で触れられたあと抗生物質の塗り薬をその場で使用されました。

さらに家で使うための抗生物質の塗り薬ももらいました。
この塗り薬が効いたようで、翌日から症状がはっきりと治まっていくのを感じ、数日で全く気にならないようになりました。
よくある症状だし治まらなければもう一度来院するように言われて重い病気ではなかったと感じで安心しました。

「陰部のかゆみ」思っていたよりも早く完治できた

幸三さん 男性 20代

かゆみが少し前からありました。
かゆみから陰部をかいたことによって出血し、さらにそこから炎症が起きるといった繰り返しの書状が起きていたから一度病院できちんと診察してもらったほうが良いと思いました。
また、病院で専門の医薬品を処方してもらったほうが早く治ると考えました。
そして、もし性病だったらすぐに治療しないと重症化する可能性もあるとも思い、皮膚科や泌尿器科を専門とする診療科を持つクリニックを受診しました。

最も心配していた性病ではありませんでした。
汗によるかぶれや下着による擦れによってかゆみが発生し、さらにかいたことによって炎症が起きているということでした。
かゆみを抑える塗り薬を処方してもらい、しばらくするとかゆみが抑えられて炎症もなくなりました。
また、炎症部分が不衛生な状態になって細菌が入らないように抗生物質も処方してもらいましたが、塗り薬を使い終わるころには陰部がきれいになったので、よかったです。
そして、受診したクリニックは皮膚科と泌尿器科の診療科を持つクリニックです。
専門医として有名らしく、遠方から患者が受診するほどだったから安心して治療を受けることができ、思っていたよりも早く完治できたから満足しています。
≫ 続きを読む