menu

性病検査の口コミ Archives | 新宿駅前クリニックなどの性病科の口コミ広場

HOME » 性病検査の口コミ

性病検査の口コミ

性病検査:ほっとひと安心

ナカノですさん 40代 男性

出会い系サイトで知り合った女性と遊んだ後、あそこに異常を感じて診察を受けようと思いました。
具体的な症状は、あそこのかゆみと腫れ、排尿時の異物感です。

関係を持った翌日の夜にあそこがむず痒くなりました。
妙に痒いな~と思いつつ放置してたら、翌日腫れてました。
私は仮性包茎なので、エッチ後たまにこういう症状は現れます。
でもかゆみの度合いは普段より強いですし、腫れるまで悪化した事は今までで数回しかありません。
それでも自然に治るかな~と思って放置してたら、排尿時に異物感を覚えました。
私は以前にもクラミジアや淋病にかかったことがあり、その時の症状と酷似してたんですよね。
このまま放置してたら異物感が激痛へと悪化するかもと感じ、診察を受けに行きました。

病院は泌尿器科のあるクリニックを選びました。
大きい病院だと恥ずかしいので。

受付で問診票を書いた後、尿検査をしました。
しばらく時間がたってから診察室へ呼ばれ、あそこを実際に出して先生に診てもらいました。
私のあそこは仮性包茎だったのでで、見せるのは恥ずかしかったんですけどね
診察結果はクラミジアという性病でした。
以前にもクラミジアにはかかったことがあったので、やっぱりかという感じでした。
治療方法は抗生物質と痒み止めの風用、あそこへ直接塗る塗り薬の塗布です。
医師からは他にも性病にかかってる可能性もあるからと血液検査を勧められました。
院内検査ではHIVや肝炎までわからないからと。
血液はその日のうちに抜きいてその日は終了。
三日後に症状の確認と血液検査の結果報告を聞きに行ったのですが、幸い他の重篤な性病はすべて陰性で罹っていたのはクラミジアだけだったという結果に終わりました。
一週間程で症状はほぼ沈静化しましたし、排尿時違和感も腫れも引いてました。

二週間経過後には完全に治っており、その後ぶり返すこともなく完治しました。
知らない女性と関係を持つ時は避妊具が必要だな・・と痛感しました。

≫ 続きを読む

性病検査:地獄から開放された気分でした

もんもんさん 男性 30代

受診した理由は、一度性病にかかった経験があり、その時に尋常ではない痛みを感じました。
これまで色んな病気や怪我をした経験があるのですが同じような痛みを味わいたくないと思い、性病検査を近くの病院で受けたのがきっかけです。

また当時付き合っていた彼女がクラミジアを発症しており、自分も感染していないか気になったのも理由の一つです。
症状に関しては特に痛みを感じているわけではなく、気になったので病院で性病検査を受けることにしました。

性病検査を実施する為、個室にいき、自分の精子を提出しなくてはいけませんでした。
そこには多くのアダルト雑誌が存在しており、少しでも精子を出せる環境が整えられていました。
そして取り出した精子を検査してもらい、約二週間ほどで結果を知ることができました。
特に私はクラミジアに感染していることはなく、正常な状態であることがわかりました。

また近年の男性は精子がないケースも存在しているみたいなのですが私の精子は、非常に元気で数多いということで褒められたことを今でもはっきりと覚えています。
最初性病検査をする際、精子を出さなくてはいけないので恥ずかしかったのですが何度も検査を受けることで少しずつ慣れていき、あっという間に性病検査を受けられるようになりました。

≫ 続きを読む

性病検査:検査して正しい治療をすることが大切

なんだかなぁさん 男性 30代

自分には彼女がいるのですが、彼女が「あそこが痛くて耐えられない」ということだったので、病院で診察を受けたら「性病であるクラミジア」にかかってしまったことが発覚し、彼女とセックスしていた自分にも性病が移っているのではないかということになって、性病検査を受けることになりました。
彼女が性病にかかったと聞いてから、今まで意識していなかったのですが、ペニスがヒリヒリするような気がして、「絶対、性病にかかっている」と思っていました。

性病検査の結果から言いますと、自分も性病であるクラミジアにかかっていることが判明しました。
自分の中では性病検査するのは「費用がかかるもの」だと思っていたのですが、意外に安く「約1000円」程度で検査することができます。
結果がわかってから病院で治療してもらうため、彼女と一緒に通院することになりました。
治療方法としては、処方しててもらった飲み薬を1週間ほど飲み続ければ、完治するとのことで1週間飲み続けました。
1週間後にもう一度病院へ行き、性病検査をしてもらったら、クラミジアは完治していたようで二人とも手をとって喜び合いました。
でも、どこで性病をもらったのか覚えもないので、二人とも困惑してしまいました。
≫ 続きを読む

性病検査の口コミ

おもちさん 30代 男性

東京で生活していて当時付き合っていた静岡の遠距離の彼女と静岡のホテルに泊まりました。
久しぶりに会ったこともあってお互い少し盛り上がっていたのかもしれません。
今までは避妊をして性行為をしていましたがその時に限ってコンドームをつけずに性行為をしました。
明くる日東京に戻って普通に生活してましたがその翌日になって亀頭全体が赤くなり何とも言えないかゆみが出てきました。
しばらく放っておいていましたが改善されなかったことと、彼女も陰部が痒いという訴えがありましたので性病の可能性を疑い3日ほどして受診に至りました。
もしかしたら彼女と一緒に性病にかかったのではないか、と思うと不安でたまらなかったです。

初めて性病疑いで病院に受診したので、特に病院情報もわからずインターネットで検索をして適当な病院に受診しました。
家から少し離れた病院を選びました。
病院に向かう途中も緊張していたのを覚えてます。
受付は女性でした。普段整形外科とかの病院を受診する時と違い、恥ずかしさがこみ上げてきました。
待合室もなんとも言えない雰囲気でみんな下を向いていた印象でした。
ただ思ったよりいろんな年代の人がいて、少しだけ安心しました。
呼ばれるまでは雑誌など読んでいましたが内容は全く覚えていません。ただの気晴らしでした。
いざ診察室に入ってみると、おじいさんの先生でホッとしました。
症状を聞かれてそれに答えて、次に診察の為に壁を背に立たされました。椅子に座った先生が「ズボンとパンツを降ろして下さい」と指示してきましたので降ろしました。
ゴム手袋はめた手で亀頭の皮をめくって診察して先生が「うん、ただのかぶれだね」と言って診察が終わりました。
安心したのと同時に恥ずかしさも重なり、急いで病院をあとにしました。
性病になっていなくて、一安心しましたが、性病科に行くのはできればもう避けたいので、無理をしないようこころに誓いました。