menu

クラミジア:クラビットという薬を1週間処方して頂きました | 新宿駅前クリニックなどの性病科の口コミ広場

HOME » クラミジア性尿道炎の口コミ » クラミジア:クラビットという薬を1週間処方して頂きました

クラミジア:クラビットという薬を1週間処方して頂きました

はりねずみ~さん 40代 男性
★★★★

夜遊びが過ぎてとっかけひっかえ色んな女性と一晩限りのSEXをいたしているうちに、誰からか分からず感染してしまったようです。

尿道から少し透明な膿っぽいのが出てるなぁとは思っていたのですが、カウパー液かな?とあまり気にも留めず過ごしていました。

ある日、パートナーが産婦人科を受診した際に、たまたま尿検査でクラミジア反応が出ていると知らされ、病院から相手も治療が必要とのことで、一緒に治療する事になりました。

パートナーがかかっていた産婦人科からの診断だったので、自分は通院せず、尿検査だけするので、採尿して提出するようパートナーから検査キットだけ渡されました。

採尿して病院に提出し、検査の結果クラミジアである事が確定。

(当たり前ですね)

クラビットという薬を1週間処方して頂き、朝晩飲みました。

3日目ぐらいで、それまでカウパー液だと思っていた薄い膿が尿道から出なくなり、あぁこれが本来の正常な状態かぁと納得しました。

よく考えると椅子に座っている時に股間からかなり酷い臭いがしていたので、もっと早く病気である事に気付けば良かったと思います。

症状が消えた後も処方された1週間分の薬を飲み続け、それだけで再度病院にもかからず治療は終了しました。

ダイコンさん 30代 男性
★★★★★

ある日、トイレで尿をしていると、ペニスに違和感を感じました。

その時は痛みや痒みがなかったので、そのままにしておきました。

しばらくしてから、またトイレで尿をすると、今度は軽めの痛みを感じたので、「なにかおかしい」と思いました。

痛みと言っても軽いものだったので、そのうち治るだろうと思い、またそのままにしておきました。

しかし、時間が経ってもペニスが痛いままだったので、「やっぱおかしい」と思い、泌尿器科で診察を受けようと決断しました。

泌尿器科の医師に診察してもらった結果は「尿道炎」と言われました。

きちんと治療するために、尿道炎になった原因である細菌はなんなのかを調べる必要がありました。

調べてもらうと「クラミジア」でした。

医師に「1週間から3週間の間にセックスしましたか」と聞かれ、1週間前ほどに風俗店へ行っていたので隠さずに言うと、「それが原因の元かもしれません」と言われました。

クラミジア性尿道炎は、セックスから感染するそうで、相手にクラミジアの細菌がいたら、移ってしまう可能性が高くなるそうです。

クラミジア性尿道炎の治療方法としては「アジスロマイシン1g」を1回だけ投与してもらい、「シタフロキサン100mg」を1日1回、7日分処方してもらいました。

痛さがなくなったからと言って、投与をやめるのではなく、1週間分は必ず投与してくださいと言われました。

最後に、クラミジアの細菌がいないか再検査を行い、クラミジアの存在を確認できなかったので、無事完治しました。

初めての下の病気にかかったので焦りましたが、無事完治したので、良かったです。