menu

性病検査:地獄から開放された気分でした | 新宿駅前クリニックなどの性病科の口コミ広場

HOME » 性病検査の口コミ » 性病検査:地獄から開放された気分でした

性病検査:地獄から開放された気分でした

もんもんさん 男性 30代

受診した理由は、一度性病にかかった経験があり、その時に尋常ではない痛みを感じました。
これまで色んな病気や怪我をした経験があるのですが同じような痛みを味わいたくないと思い、性病検査を近くの病院で受けたのがきっかけです。

また当時付き合っていた彼女がクラミジアを発症しており、自分も感染していないか気になったのも理由の一つです。
症状に関しては特に痛みを感じているわけではなく、気になったので病院で性病検査を受けることにしました。

性病検査を実施する為、個室にいき、自分の精子を提出しなくてはいけませんでした。
そこには多くのアダルト雑誌が存在しており、少しでも精子を出せる環境が整えられていました。
そして取り出した精子を検査してもらい、約二週間ほどで結果を知ることができました。
特に私はクラミジアに感染していることはなく、正常な状態であることがわかりました。

また近年の男性は精子がないケースも存在しているみたいなのですが私の精子は、非常に元気で数多いということで褒められたことを今でもはっきりと覚えています。
最初性病検査をする際、精子を出さなくてはいけないので恥ずかしかったのですが何度も検査を受けることで少しずつ慣れていき、あっという間に性病検査を受けられるようになりました。

一郎さん 男性 30代

風俗で遊んで3日後に、小便をしていたところ今までに感じたことが無い痛みが出ました。
そのあとに尿道から膿が出てきてびっくりしました。
その後も小便をするたびに激痛が走り、膿がどんどん出てくるようになりました。
これはおかしいと思い、インターネットで症状を調べたところ、性病にかかっているなと感じ、クリニックの予約を取りました。
どうしても外せない仕事があり、日曜日に予約を取ったのですが、それまでは仕事をしていても動くたびに尿道が痛んだため地獄のような日々でした。

クリニックの予約を取っていた日曜日がようやく来たので、尿道に痛みを感じながらクリニックに行きました。
受付の方に予約を取っていることと、症状を伝えました。

その後待合室で待っていると名前を呼ばれ、先生にパンツを下ろして症状を見せるよう言われました。
あまり触られたりしたくないなあと思いながらパンツを脱ぎました。
先生に診てもらったところ、やはり性病だったようで、淋病だと説明を受けました。

淋病を治すために点滴を受けました。
点滴を受けたのは人生でも初めてだったのですが、まさか性病が理由で受けることになるとは…と情けなく感じました。
点滴が終わると、料金を支払って家に帰りました。
点滴終了後の数時間は相変わらず尿道の痛みはありましたが、段々と症状が治まってきて、次の日にはほぼ完治したような状態になりました。
地獄から解放されて本当に嬉しかったです。
それ以来風俗遊びは怖くなり、控えるようになりました。