menu

尿道炎:残尿感から違和感につながりました | 新宿駅前クリニックなどの性病科の口コミ広場

HOME » 尿道炎の口コミ » 尿道炎:残尿感から違和感につながりました

尿道炎:残尿感から違和感につながりました

sanchan さん 男性 30代

トイレに行っても、なんだか残尿感が残る感じがして、最初は気にしていませんでした。
日が経つにつれ、残尿感が痛みに変わり、トイレに行ったばかりなのに、またトイレに行きたくなる事が続いて、なんだろうこれは、と自分なりに症状をネットで調べるようになりました。
時間が経過しても症状は改善の見込みがなかったのと、このままではトイレから半径100メートル以上離れて日常生活を送ることがままならなくなってきたので、病院に行こうと決断しました。

症状を書く紙と紙コップを渡されました。
待ち時間の間に、用紙にアレルギーなどの有無や、症状を簡単に記入して、トイレで検尿をしました。
名前が呼ばれ診察に行き診察を受けました。
簡単な質問をされた後に、ベッドに横になり、ペニスを手で押されると、膿が出ていたようです。
検査結果は1週間後にわかるということでしたが、聞き取りの診断や症状を見ての判断で、クラミジアということで、クラリスロマイシンを処方されました。

医師からは、最近夜遊びしたの?と聞かれましたが、まったくそんなことはないですと答えました。
性病はパートナーがいる場合、片方だけ治癒してもピンポン感染するということなのでパートナーにも泌尿器科に行ってもらい治療をしてもらいました。

玉の輿さん 男性 30代

クラブでナンパした女性と、あろうことか、その夜に性交渉しました。
その日は何も症状はなかったのですが、2-3日経過したあたりより、おしっこをするたびに、尿道がピリッとしみるような感じが出現し、毎回同じような痛みが続きました。
しかも尿の回数も多くなり、トイレに行くのが怖くなるほどでした。
亀頭から膿が出ました。
これは、性病にかかってしまったと思い、受診しました。

亀頭部に綿棒のようなものを入れられ、グリグリと尿道で回されたあと、細菌検査に出しますので、結果は後日、また予約をして聞きに来て下さいと言われました。
先生に「毎回この痛みが続くんですか?」と尋ねると、「おそらく淋病に、かかっているので、クラビットを処方するから飲みなさい。」といわれて、尿道炎で、クラビットという薬をもらいました。
その後、再び、泌尿器科を訪れると、先生の言っていた通り淋病にかかっていたことがわかりました。