menu

性病:何らかしらの症状が出た方は、すぐの検査をおすすめします | 新宿駅前クリニックなどの性病科の口コミ広場

HOME » 性病の口コミ » 性病:何らかしらの症状が出た方は、すぐの検査をおすすめします

性病:何らかしらの症状が出た方は、すぐの検査をおすすめします

さとしさん 男性 20代

今でもあまり思い出したくはありませんが、年上の友人にゴムを挿入せずに行うエッチをさせられたことがありました。
メンタル的なストレスがありながら、身体的な症状はさほど最初のうちは感じませんでしたが、徐々に左側を中心とした睾丸の痛みや尿道の痛みを覚えるようになり、その痛みが日に日に強くなってきてしまっていたと言う事から、性病検査を行うことになりました。
特にもともと尿道の痛みはあったのですが、その尿道の痛みがエッチの後から強くなってきているような印象も受けましたので「これは性病ではないか?」ととても恐怖を受けました。

性病検査をどのようにして行ったら良いかわかりませんでしたが、市町村が行っている無料かつ匿名の性病検査を受けることになりました。
相手の女性とはその後連絡が取れなくなり、自分からも連絡が取れなかったことで相手の女性が性病を持っていたかどうか判りませんでしたが、自分の検査の結果としては陰性で一安心しました。
そのような意見があってから、自分は他の女性と性行為を行わないと決めていたので、他の女性に病気を移すことなく良かったと思いました。
しかしながら尿道の痛みと睾丸の痛みは実際のところありましたので、その市町村で行う検査センターから病院の泌尿器科に場所を移し、抗生物質と薬をもらうことになりました。
実際にそのような経験がある方や、そのような行為をするお店に出向き何らかしらの症状が出たと言う方はそのような市町村の性病検査センターや病院の性病科にすぐさま出向くことをおすすめします。

たかはしさん 男性 30代

お店で遊んだ後、1週間くらいしてから、身体がダルく熱っぽい症状になり、最初は内科で見てもらいました。
診察結果は喉の炎症とのことで、抗生物質と喉の痛み止め、解熱剤をもらいました。

服用して症状が治まったので安心していましたが、また同じような症状が出てきたので、今度は耳鼻科に行き見てもらいました。
が、同じ診察で同じ薬をもらいました。
一旦は治まるが何度もぶり返すので、自分なりにネット等で調べたみて、もしかしたら性病かもしれないと思い、泌尿器科で診察してもらいました。

泌尿器科の診察結果は咽頭クラミジアとのことでした。
治療するのに抗生物質は有効ではあるが、最低2週間は抗生物質を服用する必要があり、内科や耳鼻科では1週間しか処方されていなかったので、治ったように見えただけで菌が残っているため、再度ぶり返すとのことでした。
診察も喉に綿棒みたいなものを突っ込んで、粘膜を採取してから判断するといった感じの診察でした。

お店の女の子は一応馴染みの子だったので、性病にかかったことを話して、女の子にも病院に行くように話をしました。
やはり女の子もクラミジアだったようで、これからは女の子のアソコを舐めるときやディープキスをするときは気をつけないと大変な目に合うと学んだ出来事でした。