menu

クラミジア:放置しておくと様々な病気を引き起こす危険性も | 新宿駅前クリニックなどの性病科の口コミ広場

HOME » クラミジア性尿道炎の口コミ » クラミジア:放置しておくと様々な病気を引き起こす危険性も

クラミジア:放置しておくと様々な病気を引き起こす危険性も

しゅうさん 男性 50代

尿道の痒さに悩まされたことが受診に至った原因です。
場所が場所だけに誰にも相談できずに悩んでいて、症状が治まるのを待ちましたが、一向にその気配はありませんでした。
全く今まで感じた事のない痒みでそのような症状は全く初めてでしたが、数日前に交際相手と通常とは異なる不衛生な性行為をしたことが強く頭にあり、それが原因で性病に感染したのではないかと感じ受診することにしました。

また交際相手への感染の心配もありました。

血液と尿の検査をしました。抗生物質を1週間ほど服用しましたが、なかなか治まらず点滴を使用したところ、ようやく治まりました。
風邪のような状態が続いていたのですが、それも快方に向かいました。強い苦痛が続く日々でしたが本当に救われた思いでした。

特に注意を促されたのは薬の服用期間に厳守です。勝手にやめてしまうと菌が増殖する危険があるという事でした。

また感染してもすぐには症状があらわれないので非常に危険で、そのまま放置しておくと尿道炎をはじめとする様々な病気を引き起こす危険性があるという事でした。

更に感染者はHIVへの感染率がかなり高まるのでHIV検査も行いました。
本当に数多くの合併症の可能性がある病気という認識を改めて感じました。
ちょっとした甘い考えがこのような事態につながり深く反省しています。

cさん 男性 20代
おしっこが1日に何回も行きたくなっておしっこを言った後に残尿感が残るようになりました。
その時にネットで会った女の子が複数の男性との肉体関係があるという経歴がありました。
むずむずするおしっこに行きたくなる感覚とパートナーの性交渉の過去の履歴、また、日本での性感染症のもっとも多いものがクラミジアであることから可能性は高いと考えました。
その女の子と別れ、新しい彼女ができていましたので、治療しなければ観戦させてしまうと思い、病院を受診しました。

感想としては問診を受けて、ドクターからもクラミジアであろうという診断を受けやっぱりなと思いました。
予想どうり症状から間違いないだろうと思っていました。
ただ、確定診断のための尿道に麺棒みたいな細い棒を入れて、ぐりぐりされるのがなんか痛いかったです。
尿道に麺棒みたいな細いもんをぐりぐりされるのは少なくなっているも思いますが、その検査が割と苦痛がありました。
診察後の治療はすごい簡単でびっくりしました。
なんて名前か忘れましたが水入れて飲むだけ一週間で治ってびっくりです。
副作用にお腹痛くなることや下痢になることがあると聞きましたが、私の場合は特に何にもなく飲んで一週間で治るのがびっくりです。
しいていうなら、診察と薬で8千円くらい飛んで行ったのが辛かったです。