menu

性病検査:検査して正しい治療をすることが大切 | 新宿駅前クリニックなどの性病科の口コミ広場

HOME » 性病検査の口コミ » 性病検査:検査して正しい治療をすることが大切

性病検査:検査して正しい治療をすることが大切

なんだかなぁさん 男性 30代

自分には彼女がいるのですが、彼女が「あそこが痛くて耐えられない」ということだったので、病院で診察を受けたら「性病であるクラミジア」にかかってしまったことが発覚し、彼女とセックスしていた自分にも性病が移っているのではないかということになって、性病検査を受けることになりました。
彼女が性病にかかったと聞いてから、今まで意識していなかったのですが、ペニスがヒリヒリするような気がして、「絶対、性病にかかっている」と思っていました。

性病検査の結果から言いますと、自分も性病であるクラミジアにかかっていることが判明しました。
自分の中では性病検査するのは「費用がかかるもの」だと思っていたのですが、意外に安く「約1000円」程度で検査することができます。
結果がわかってから病院で治療してもらうため、彼女と一緒に通院することになりました。
治療方法としては、処方しててもらった飲み薬を1週間ほど飲み続ければ、完治するとのことで1週間飲み続けました。
1週間後にもう一度病院へ行き、性病検査をしてもらったら、クラミジアは完治していたようで二人とも手をとって喜び合いました。
でも、どこで性病をもらったのか覚えもないので、二人とも困惑してしまいました。

ヤマさん 男性 40代
トイレで小をしていたときに急に今まで経験したことのない痛みが尿道に感じて、どうしようかと悩んでいましたが、痛みが全く消えないことに怖くなって、病院の診察を受けようと思いました。
ただ初めてだったので、恥ずかしすぎて、なかなか病院に入ることができませんでした。
尿をしていないときにも痛みが出てきたので、泌尿器科にいくことにしました。
痛みは尿道の中にあるような感覚で、耐えるのが大変な程痛かったので、本当に怖かったです。

初めは恥ずかしさから痛みを耐えていましたが、尿をするたびの痛みから、尿をしていない状態でも痛みを感じるようになってきたので、本当に怖かったですが、病院に行って薬を頂いて服用してから痛みは徐々にひいていきました。まだ二十代だったこともあり、かなり恥ずかしい思いが強かったのですが、痛みが恥ずかしさを超えるものだったので病院に行きました。
先生の話では、これ以上我慢して、病院に来ていなかったら、もっと大変なことになっていたよと言われたときには、恥ずかしがらずに痛みを感じたときにすぐ病院に行くべきだと思いました。
薬を飲み出して、痛みがひいてきて、2週間程で完治したのでよかったです。
もっと早く病院に行けばよかったと思いました。