menu

「尿道炎」薬は最後までキチンと飲むことが大切 | 新宿駅前クリニックなどの性病科の口コミ広場

HOME » 尿道炎の口コミ » 「尿道炎」薬は最後までキチンと飲むことが大切

「尿道炎」薬は最後までキチンと飲むことが大切

おじゃんじーさん 男性 50代

仕事で小便を我慢しすぎてから調子をおかしくしました。
また、ちょうど初めて逢った女性とコンドームを付けずに性交渉をした事も理由にあったかもしれません。
相手の女性がとても積極的だったので欲望に負けてしまって最後まで付けずにしてしまいました。
我慢強い性分でしたが2週間ほど我慢していたら、さすがに下っ腹が痛くなってから病院に行かなくてはという事で診察を受けました。
最後は車を運転するのもきつくなってしまい、やっとの事で病院に自走で行きました。

尿検査を受けると白血球がとても多くなっている(正常な値の8倍くらい)という事で、単純な尿道炎でなく淋病やクラミジア等が疑われました。
膿などは出ていませんでしたので淋病ではないと先生はおっしゃっていましたが、あまりにも尿の出が悪いという事でクラミジアだろうという事でジスロマックをもらいました。
これで効かなかったら他の抗生物質を投与してみようとの事でした。
少し先生には「良い歳をして」と苦笑いをされました。
幸いにも薬が3日目ほどで効き始め、1週間程度で尿の出は普通になりました。
ただ痛みはもう少し続いて2週間ほど完治にはかかったと思います。
それからは初めての女性とSEXするときはコンドームを付けて。というのが私の教訓になりました。

ムッシューさん 男性 40代
僕がはじめて尿道炎なったのは、19才の時でした。
当時は疲れも知らず女遊びにはまり、ある日、尿道に痛み、残尿感がありました。
けれど、若かったし病院が面倒で行かなくて水分を多くとり、二日目には残尿感も痛みもなくなりました。
けれど、その後も、睡眠不足とか疲れたりすると、尿道に違和感がでて、残尿感、痛みがあり病院に行きました。

尿道炎と診察され、抗生物質の薬を頂きましたが、先生には薬は全部飲んで再度、診察にくるように言われましたが、結局、抗生物質を飲んだら次の日は治った(自分の勝手な判断)と思い、病院には行きませんでした。
けれど、疲れるたびに残尿感、痛み、おしっこが白く濁る、をくださいね繰返し、また病院にいきました。
先生には、きちんと治さないから、疲れたりして免疫が落ちると菌が出てくるんですよと言われました。
そのときは、しっかり通院して完治しました。
いまは、尿道炎にはなりません。

先生には必ず薬は全て飲んで、体から菌を追い出さないと、また、尿道炎になりますと、口を苦く言われましたが、通院は面倒で、薬も途中で辞めたせいで、長年、尿道炎をおこしてました。
やはり病院からの薬はきちんと飲まないとダメなんだと感じました。

若いせいで、通院の面倒。
薬も、よくなれば飲まない。
また疲れると症状がではじめる。
尿道炎が慢性化してほんとに大変でしたが、きちんと治して良かったと思います。
僕の場合は軽い症状だったので、おしっこ検査で抗生物質を出されただけだったので。
重症になると大変なんで、今後、もし、症状がではじめたなあと感じたら、早めに病院に行こうかと思ってます。
あの、おしっこをするときの痛さは涙がでますからね。