menu

陰部のぶつぶつ | 新宿駅前クリニックの性病科の口コミ広場

HOME » 陰部のぶつぶつの口コミ » 陰部のぶつぶつ

陰部のぶつぶつ

なんだかなぁさん 30代 男性

仕事中に陰部に痒みを感じたのでトイレで掻いたらその場は治まったのですが、時間が経つと次第に痒くなり、掻いても掻いても痒みが取れなくなってしまいました。
陰部に痒みが取れないほどの痒みを経験したことがなかったので「性病にでもかかったのか」と思いましたが、セックスも嫁としかしていませんし、お風呂もちゃんと入っていたので思い当たる節がありませんでした。
その事を嫁に相談すると「下のことだからちゃんと病院に診察してきて」と言われたので、恥ずかしいけど診察を受けることにしました。

医師からの診断結果は「いんきんたむし」でした。
最初、医師に「誰か家族内に水虫の人がいますか」と聞かれ、「いません」と答え、次に「最近温泉などの大浴場やプールに行きましたか」と聞かれたので、「1週間前ほどに嫁と日帰りで温泉旅行に行ってきました。」と答えました。
そうすると医師が「それが原因ですね。」と言われました。

医師曰く、いんきんたむしは、温泉の大浴場やプールなど人が多数いるところでなってしまうことが多くあり、1度発症したらなかなか治らない病気のひとつだそうです。
いんきんたむしの治療として「塗り薬」を頂き、まずは陰部の痒みは治めることができました。あとは、「内服薬」を服用することで体から菌を追い出すことができるため、現在服用中です。

ダージリンさん 30代 男性

亀頭や陰毛の生え際など皮膚にぶつぶつができ、炎症と痒みもありました。最初はそれほど痒みがありませんでしたが、寝ている間にかいてしまったしまったようで、ぶつぶつの炎症から出血し、汗をかくとしみって痛みを伴うようになりました。
このような症状が起きる要因として温泉が好きで休みの日に色々な地域の温泉を巡っていたので、他の入浴客の病気が移ったのかと思いました。これ以上、症状を悪化させたくないと思って病院に行くことにしました。

診察の結果、性病などの感染症ではありませんでした。汗で蒸れたことによってできた汗疹を爪で引っ掛けたことによって炎症が起き、痒みなどの痛みを伴うようになったという診断でした。
このため、汗疹を抑え、細菌が入らないように塗り薬が処方され、しばらくするとすぐに完治しました。
かいた後の痕も残らなかったので、良かったです。
しかしながら、近所に泌尿器科のクリニックがなく、大きな病院の泌尿器科を受診しました。病院では、たまたま女性の研修医が入っており、その方が担当して診断を行ってくれました。
当時の私の年齢よりも年上の女性だったので少し恥ずかしさは緩和されましたが、女性に診断されるのは非常に恥ずかしかったです。