menu

カンジタ性亀頭包皮炎 | 新宿駅前クリニックの性病科の口コミ広場

HOME » 亀頭包皮炎(カンジタ)の口コミ » カンジタ性亀頭包皮炎

カンジタ性亀頭包皮炎

ロクさん 30代 男性

以前、とても仕事が忙しい時期に、亀頭や包皮の付け根あたりが、赤く腫れているのに気が付きました。
ネットで調べてみるとカンジダ性亀頭包皮炎の症状にとてもよく似ていた為、医者に行こうか迷っていたのですが、仕事も休めなく、恥ずかしいとゆう思いもあり、医者に行くことをためらっていました。
すると、2、3日後に痒みが出はじめてきて、さすがにこれは医者に行かないと駄目だなと、決心をして近くの泌尿器科に行きました。

初めて泌尿器科に行ったため、かなり緊張してたのを覚えています。
最初の受け付けの看護士さんに、今日はどうされました?と聞かれ、かなり慌てながら症状を伝えました。
診察室で、先生に症状を説明すると、まず菌を調べるとの事。
患部を綿棒でなぞられ、結果を待ちます。
待ってる間に、彼女はいるのか、最近、性行為をしたのか、などの質問をされもし、カンジダで相手がいるのであれば一緒に治療するのが良いと言われました。
結果、カンジダ性亀頭包皮炎と診断されました。
彼女などはいなかっかったので、仕事の疲れが溜まって抵抗力が落ちた為に発症したのでないかと言われ、とりあえず軟膏をもらい、経過みることにしました。
3週間、患部に薬を塗りもう1度、泌尿器科で診察してもらい完治しました。
陰部などの病気は、ただただ恥ずかしいですね、もう二度と発発症したくないです。

ぱんさん 50代 男性

若かったころ、行きずりの関係を持った女性がいました。
その時はよかったのですが、数日後、先に膿がたまっているのにきずきました。
よく見ると白いのがどんどんできて、これは大変だ、と思いすぐに病院にいきました。
恥ずかしい思いもありましたが、それより恐怖の方が大きかったです。

病院につき、問診票に記入をすると尿検査をするように言われました。
その後、待合室で待っているときも痛みがあったのでつらかったです。
名前を呼ばれ、膿のことや陰部の違和感をつたえ、パンツを脱ぎ医師にみてもらいました。
尿検査の結果もありすぐにカンジタだと診断されました。
塗り薬を処方され、それを塗ると2,3日で違和感がなくなったので良かったです。
きちんと直せば問題のない性病であるといわれ安心したのをよく覚えています。
保険も適用されたので費用もそれほどかからなかったので良かったです。
その後もう一度受診して完治しているのを確認してもらいました。
これ以降、不要な行為は避けるようになりました。