menu

亀頭包皮炎などの陰部のぶつぶつの口コミ | 新宿駅前クリニックの性病科の口コミ広場

HOME » 陰部のぶつぶつの口コミ » 亀頭包皮炎などの陰部のぶつぶつの口コミ

亀頭包皮炎などの陰部のぶつぶつの口コミ

SKさんへ 30代 男性

私は、しばらくの間、いわゆるセフレ(セックスしたい時にするだけの女友達)と肉体関係を結んでいた時期がありました。
学生時代の同級生で、大人びた容姿の「ビッチ」と呼ぶに相応しい色気を放つ女性と、数ヶ月に一晩セックスを楽しんでいたのです。
しかし、彼女と寝てから少しして、股間(ペニスや陰嚢など全体的に)や下腹部の痛みで目を覚ました夜がありました。
これは、冗談ではないほどの痛みなのです。
小用に立っても、排尿時がつらくて仕方がありません。
また、熱が出てふらつきました。
そのまま朝まで丸まったうつぶせ状態になって過ごし、朝になってからすぐに泌尿器科を受診しました。

私は、泌尿器科で診察を受けることになりました。
痛みの具合などから判断して、どうやら急性前立腺炎が疑われるようでした。
まず、検査では尿検査で細菌が検出されるかどうかを確かめます。
結果は陽性。
また、肛門に指を挿入しての直腸検査(屈辱的な格好で)。
前立腺を指で触られ、「腫れている」と告げられました。
間違いなく、細菌に感染したことによる急性前立腺炎と亀頭包皮炎のことでした。
私は、それとなくパートナー(結婚していることにして)とコンドームをしない生セックスをしたことや口でしてもらってことを主治医に話しましたが、その時は恥ずかしくて顔から火が出そうだったことをよく覚えています。
そして、すぐヤれるセフレがいるとは、やはりどうしても言い出せずに終わりました。
医師は、すぐに抗生物質と解熱剤を処方しました。
処方された分を飲みきってまた来てください、とのこと。
私は、何かとてつもなく悪いことでもしたかのような罪悪感に襲われ、気分が落ち込みました。
それからは、私は彼女と肉体関係を持つことをやめました・・・。

みっちーさん 40代 男性

ある時から陰茎の付け根にブツブツが目立つようになってきました。
最初は気にしていなかったのですが、陰嚢にもブツブツが少々確認されるようになりました。次第に痒みも出てきました。
ひどいときは夜眠れなくなるようなレベルの痒みでした。
市販の薬で当初は治るかと思って添付しました。その後、実際に痒みはそれほど気にならなくなりました。
ただブツブツは消えませんでした。嫁にも病院で診察を受けるよう言われたので病院に行くことにしました。

大病院に行くのは恥ずかしかったので、近所の皮膚科の診療所に行くことにしました。泌尿器系の病院か皮膚科か迷ったのですが、ネットで調べたら皮膚科のほうが無難、ということでした。
最初に症状を聞かれ、説明するのはすごく恥ずかしかったですが、受付の人は飄々としていました。
いざ、診断の時も下半身はパンツだけになり私はとても恥ずかしかったのですが、お医者さんもその後ろにいた看護婦さんも普通にしていました。
診断は5分程度で終わり、いんきんたむしと診断されました。
子供の頃、友達をからかう時に使っていた病気にかかった、ということで結構ショックを受けました。
結局塗り薬を処方され、1カ月くらい経過を見ました。その後、ブツブツは少し残っていますが改善はしたかな、と思います。